AS/400 KnowHow DataBase
  • AS/400,iSeries,System i,IBM iの運用ノウハウページです。
  • 現在登録されている情報を検索できます。
  • 問題の解決、情報としてお使いください。転載は許可しません。
  • サンプルプログラムについては、自己責任において使用してください。
  • 記載されている内容で不利益を生ずる場合などはご連絡ください。
  • 「Pass」にYが付いている記事については、ユーザー登録が必要となります。ホームページお問い合わせより、ご連絡ください。
■ 全文検索 ■
検索文字列 検索文字をSPACEで区切って入力。
[ Home ]
( 1-10 / 全182件 )
[ 管理者 ]
タイトル記事リンク内容日付Pass
注意事項集
http://www.cyflex.jp/knowhow/passknowhow/f_attention.pdf
いろんな注意事項をまとめてみました。
知っているつもりでも忘れてしまったりするものです。
・QUERYでファイル出力する場合のオプションの注意事項
・ユーザープロファイル削除時の注意事項
・ライブラリー削除時の注意事項
・サブシステム起動時の注意事項
・常駐ジョブ運用時の注意事項
2018/04/02Y
IFSの権限について
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_IFSSEC.pdf
IFSの権限についてまとめてみました。今まではあまりに気にする必要はありませんでしたが、IFSはいろんなところで利用されるようになってきました。
セキュリティについても無視できない状態になっています。ライブラリーシステムとは、ちがった考え方もあります。
まずは基本的な部分を抑えておきたいと思います。
2018/03/05 
セキュリティ情報の謎
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_secwhy.pdf
システム移行、障害復旧などでセキュリティ情報の設定が漏れてしまうと大トラブルに発展する可能性があります。
あらためてセキュリティ情報の保管、復元について復習してみました。
データは復元できても、セキュリティが復元できていない場合はノンセキュリティの状態になります。
2018/02/05 
テープエラー対策事例
http://www.cyflex.jp/knowhow/passknowhow/f_tapeerror2.pdf
無人運用でやっかいなのがテープエラーです。
テープエラーは、バックアップを取得できないばかりでなく二次障害にもつながる危険性があります。
以下のエラーについての対策事例をご紹介します。
・媒体エラー
・装置エラー
・テープセット忘れ
・バックアップ時のエラー
2017/11/13Y
タイムスタンプの重要性について
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_timestamp.pdf
オブジェクトには作成日、変更日、最終使用日などのタイムスタンプが刻印されています。
システム管理、システム移行などにおいてタイムスタンプは重要な情報として使用されます。
重要な情報を維持していくにはきちんとした運用が必要です。
マニュアルに記載されていない貴重な情報を公開します。
2017/08/07 
CSVデータの処理方法 PartT
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_CSV1.pdf
外部とのCSVデータでのやりとりが増えてきていると思います。
しかし、CSVデータの扱いには、やっかいなことがいくつかあります。
その対応を説明する前に、CSVデータについて説明します。
TSVデータを追加しました。
2017/06/12 
SBMRMTCMD VS RUNRMTCMD
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_RMTCMD.pdf
AS/400間でのジョブの実行方法としては、代表的なものとしてSBMRMTCMDとRUNRMTCMDがあります。
両者のちがいや実行環境について調べてみました。
高価なツールを導入しなくてもちょっとした連携は実現できます。
2017/06/05 
What is LCKW ?
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_lckw3.pdf
ロックは、開発の段階では発覚しませんが、いざ本番開始すると様々な場面で「LCKW」が発生することがあります。
不適切なロックは効率的な運用の妨げになります。
ロック発生時の対応および状況を的確に把握するために、ロックの機能についてまとめてみました。
2017/05/15 
IBM i サービスとは?
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_IBMi_service.pdf
V7.1からIBM i サービスが提供されています。
あまり知られていないような感じがしましたので使用してみました。
運用面で利用できそうな機能をご紹介します。
SQLの知識が必要となりますがこれは簡単に乗り越えられると思います。
2017/05/01 
レコード件数の取得方法
http://www.cyflex.jp/knowhow/f_know/f_kensu.pdf
いろんな局面でファイルの中のレコード件数を調べたいことがあります。
すでにご存知かと思いますが、こんな方法もありますので知識の上積みになれば幸いです。
新たに、IFSについて追加しました。
2017/04/17 
[ Home ]
( 1-10 / 全182件 )
[ HeRO DataBase Ver 1.23 ][ Thanks. KENT ]